年中無休の安心診療ご予約はお電話にて
ただ今準備中です
東京都墨田区太平4-1-2 オリナスモール4階

乳腺外科

乳腺外科

乳腺外科のイメージ写真

乳腺に関する全般的な診療を行うのが乳腺外科です。
乳房にしこりが触れる、乳房に痛みがある、乳房が張った感じがするなど、乳房に関して少しでも気になる症状がございましたら、お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

こんな症状はご相談ください(例)

  • 乳房にしこりを触れる
  • 乳わきの下にしこりを触れる
  • 乳房が赤く腫れている
  • 乳房が熱をもっている
  • 乳房に痛みがある
  • 乳房が張った感じがする
  • 乳房の皮膚にへこみやひきつれがある
  • 乳房に潰瘍ができて治らない
  • 腕を上げると痛みが走る
  • 腕を上げると乳房にひきつれ感が生じる
  • 乳首から分泌液(赤・褐色)が出る
  • 乳首にただれが見られる
  • 乳がん検診を受けたい
  • 健(検)診などで要再検査と言われた
  • セカンドオピニオンを受けたい
  • 乳がん手術等の治療を受けたので経過観察をしてほしい など

よく見られる乳腺の疾患

  • 乳がん
  • 乳腺症
  • 線維腺腫
  • 乳管内乳頭腫
  • 葉状腫瘍
  • 乳腺炎
  • モンドール病
  • 女性化乳房(男性に乳腺が発達する病気)

乳がん検診を行います

ドクターランド錦糸町(仮称)では、乳がん検診や乳腺の精密検査を行っています。
主に視・触診と乳腺エコー、マンモグラフィを実施しています。

検査の結果、乳がんの治療が必要となった場合は、他院と連携したうえで、しっかり治療ができる環境づくりに努めます。

視診・触診

医師が乳房全体を目で見る(視診)、あるいは乳房に手を触れること(触診)で、乳房の形、皮膚、乳頭などに異常が無いか、またしこりなどの有無も確認します。
専門医であれば、しこりの有無やその状態を触診することによって、乳がんか否かについて、ある程度は推察することができます。

マンモグラフィ

マンモグラフィは、乳房をX線で撮影する乳がん検診機器ですが、少ない放射線量で乳がんの有無を検査できます。
検査の手順ですが、まず検査台に乳房をのせ、乳房をはさみながら圧迫して、上下・左右方向から撮影します。
そのため多少の痛み(個人差があります)を伴うことがあります。
とくに月経前は乳房が張って若干痛みを感じやすくなる方も多いと思われます。
受診の際、気になるという方は医師にご相談ください。

※ 乳房を圧迫するのでvpシャントやペースメーカー装着中の方、豊胸手術を受けられている方は実施することができません。

※ 胸部に手術を受けたことがある方は医師に確認をとってから、受けるようにしてください

※ 妊娠中、またはその可能性のある方、授乳中の方も検査は行えません。

乳線超音波検査

診察台の上に仰向けになり、乳房に超音波(プローブ)を当て、乳房内部からの反射波(エコー)を画像化することで、乳腺の状態を調べることができる検査です。
検査時に痛みは無く、体への負担もほとんどありません。
これは数ミリの小さなしこりを見つけ、しこりの中身もわかる検査です。またX線検査のように被爆をすることも無いので、妊娠中・授乳中でも検査可能です。

穿刺吸引細胞診(せんしきゅういんさいぼうしん)

乳房にしこりや何かしらの異常があった場合に行います。
がん細胞の有無を調べるのに有効な検査法で、乳腺の腫瘍部分に注射針を刺し、その細胞を吸引します。
その後に採取した腫瘍の細胞が良性か悪性かを判断します。
痛みは軽く、麻酔の必要もありません。数日で結果がわかります。

乳がんについて

乳がんは乳房に発生する悪性腫瘍のひとつで、その中でも最も患者様が多い病気です。
乳腺組織の一部の細胞の遺伝子が、様々な要因を積み重ねて変異し、がん細胞となって増殖したと考えられ、乳管(乳汁の通り道)などの乳腺組織に発生します。

多くの場合、小葉(乳汁をつくる組織)を出てすぐのところにある乳管の壁の細胞が異常増殖する形で発生(乳管がん)します。
そのほかの乳がんとしては、小葉から発生する小葉がんがあります。
なお、小葉がんの患者様は乳がん患者全体の5~10%ほどです。

診察・検診にあたっての注意点

  • ペースメーカー、シャント、ポート、豊胸手術等、胸部において人工物挿入がある方は、マンモグラフィ検査を受けられません。
  • 上半身は裸で行う検査が主となりますので、ワンピース、オーバーオール等の服装は避けるようにしてください。

ご妊娠中、授乳中の方で診察をご希望される方

  • 発熱、しこり、痛み等の症状で受診される方の中には乳腺炎と診断されることも多いので、かかりつけの産婦人科などで一度ご相談されることをお勧めします。
    その際、おっぱいマッサージ指導もご相談ください。
  • マンモグラフィ検査については、医師とよくご相談の上、撮影可否を判断します。

授乳中の方で検査をご希望の方

検診におけるエコー検査は可能ですが、授乳中の方のマンモグラフィ検査は判定に影響があることが予想されますので、お受けしておりません。
予めご了承ください。

▲ PAGE TOP