年中無休の安心診療ご予約はお電話にて
03-5809-7389
東京都墨田区太平4-1-2 オリナスモール4階

各種予防接種

各種予防接種

当院では予防接種として、成人向けと小児向け、それぞれのワクチン接種を行っています。
ワクチン接種とは、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチン(抗原物質)を体内に注入することで免疫をつけるようにするものです。
これにより、ある特定の病気に対して感染しにくい状態に、万一その病気になったとしても重症化のリスクを減らすようにします。

成人向けワクチン接種について

成人向けとしては、インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの接種をそれぞれ行っています。
なお、インフルエンザワクチンおよび肺炎球菌ワクチン以外のワクチン接種を希望される方は、別途ご相談ください。

インフルエンザワクチン

インフルエンザとは

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症です。
同ウイルスに感染すると1~3日くらいの潜伏期間を経て発症し、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状のほか、普通の風邪と同じように、喉の痛み、鼻水、せきなどの症状も現れます。

インフルエンザワクチンについて

インフルエンザの予防に有効なのが流行前のワクチン接種で、接種してから効果が出るまでに約2週間かかりますが、その効果は約5ヵ月間持続します。
日本の場合、例年12月~翌3月頃にインフルエンザが流行していますので、毎年12月中旬頃までに接種するのが望ましいと思われます。
毎年少しずつ性質を変えるインフルエンザウイルスは、異なるタイプが流行しますので、それに対抗するためにも、予防接種は毎年行う必要があります。

高齢者の方は定期予防接種です

なお、墨田区では高齢者の方を対象にインフルエンザの定期予防接種を行っています。
対象者は65歳以上の方もしくは、現在60歳から64歳で、心臓・腎臓・呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害(身体障害者手帳1級相当)のある方です。

対象となる方には、9月下旬に予防接種予診票が送付されるので、接種を希望する方は、予診票を持参して、医療機関にて受診します。
自己負担金額は2,500円(生活保護受給者等と現在75歳以上の方は無料)です。
実施期間や実施場所(区内実施医療機関または23区実施医療機関)、あるいは持参物、問い合わせにつきましては墨田区のホームページなどをご覧ください。

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチンとは

肺炎は高齢者の方や基礎疾患を持っている方などにかかりやすく、しかも一度発症してしまうと治りにくいという特徴もあります。
このような肺炎を予防するのに有効とされているのが肺炎球菌ワクチンの接種です。

肺炎球菌(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因)は、肺炎の原因菌で最も多く、この肺炎球菌ワクチンを接種することで、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防するほか、重症化のリスクを減らします。

また、インフルエンザワクチンの接種を併せて行うと、肺炎予防の強化につながります。
そのため、肺炎予防には、肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。

※肺炎球菌ワクチンは接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。

高齢者の方は定期予防接種です

なお、墨田区では高齢者用肺炎球菌予防接種を定期接種で行っています。
対象者の方には予防接種予診票を郵送しています。
対象となる方は、当年度の3月31日までに65、70、75、80、85、90、95、100歳を迎える方、もしくは60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する方(身体障害者手帳1級相当)になります。

接種を希望される方は郵送される予防接種予診票を持参し、指定医療機関で接種を行ってください。
その際に自己負担金として4,000円(生活保護法による保護を受けている方、中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律による支援給付を受けている方は無料)を医療機関にお支払いいただきます。
指定医療機関以外で受ける場合は全額自己負担となります。
実施期間や実施場所(区内実施医療機関または23区実施医療機関)、あるいは持参物、問い合わせにつきましては墨田区のホームページなどをご覧ください。

小児の定期予防接種について

ドクター錦糸町ランドでは、墨田区が実施する小児の予防接種も行います。
当院で実施しているワクチンは以下の通りです。

  • インフルエンザ菌b型(ヒブ)
  • 小児用肺炎球菌(13価)
  • B型肝炎
  • 4種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)
  • DT2期(ジフテリア・破傷風)
  • BCG
  • 麻しん・風しん(混合)
  • 水痘
  • 日本脳炎

※ 当院では子宮頸がんワクチンの接種は実施しておりません

当院で小児の定期予防接種を受ける場合

事前にお電話にてご予約をいただき、当日下記持ち物をお持ち下さい。
なお、予防接種の記録は今後のワクチン接種に関わる大事な記録です。忘れず必ずお持ちください。

【持ち物】
予防接種予診票(対象年齢前に個別に送付されます)、母子手帳、健康保険証・子育て支援医療費受給資格証
【対象者】
接種日時点で墨田区に住民登録のある方
【接種方法】
個別接種
【接種料金】
無料
【実施日時】
お問い合わせ下さい。

詳細は墨田区のホームページをご覧になるか、同区より郵送済みのご案内、区の担当窓口へお問い合わせ下さい。

墨田区で行っている小児の定期予防接種

ワクチンの種類 標準的接種期間 一般的な接種回数および受診方法
ヒブワクチン(インフルエンザ菌b型)
【不活化ワクチン】
生後2ヵ月~60ヵ月(5歳)に至るまで 生後2~7ヵ月に至るまでに接種を開始。4週間から8週間の間隔で3回目までを接種。その後7~13か月の間隔をあけて1回接種(計4回接種)
小児用肺炎球菌ワクチン
【不活化ワクチン】
生後2ヵ月~60ヵ月(5歳)に至るまで 生後2~7ヵ月に至るまでに接種を開始。27日以上の間隔で3回目までを接種。その後60日以上の間隔をあけて生後12~ 15ヵ月の間に1回接種(計4回接種)
※3回目までの接種は生後12か月未満までに行う
※4回目以降の接種は生後12か月に至った日以降に行う
4種混合(ジフテリア(D)、百日咳(P)、破傷風(T)、ポリオ(IPV)の混合)
【不活化ワクチン】
生後3ヵ月~90ヵ月(7歳6か月)に至るまで 20~56日の間隔で3回目までを接種し、その後12~18ヵ月の間隔で1回接種(計4回接種)
B型肝炎ワクチン
【不活化ワクチン】
1歳に至るまで 生後2~9ヵ月に至るまでの間に接種。
27日以上の間隔で2回目までを接種し、1回目の接種から139日以上の間隔で3回目を接種(計3回接種)
BCGワクチン
【生ワクチン】
1歳に至るまで 生後5~8ヵ月に至るまでの間に接種(計1回接種)
DT(ジフテリア(D)、破傷風(T)の混合)2期
【不活化ワクチン】
11~13歳に至るまで 11~12歳に至るまでの間に接種(計1回接種)
MR(麻しん(M)、風しん(R)の混合) 1期
【生ワクチン】
生後12ヵ月から24ヵ月に至るまで 計1回接種、法定接種の対象年齢内で接種できなかった場合は任意接種による公費負担
MR(麻しん(M)、風しん(R)の混合) 2期
【生ワクチン】
5歳以上7歳未満で小学校入学前の1年間 計1回接種、法定接種の対象年齢内で接種できなかった場合は任意接種による公費負担
水痘ワクチン
【生ワクチン】
生後12~36ヵ月未満 生後12~15ヵ月に至るまでに1回接種、その後6~12か月の間隔で1回接種(計2回接種)
日本脳炎 1期(初回・追加)
【不活化ワクチン】
生後6~90ヵ月(7歳6ヵ月)に至るまで 3歳から4歳に至るまでに6~28日の間隔で2回目までを接種、その後約1年後に1回接種(計3回接種)
日本脳炎 2期
【不活化ワクチン】
9歳から13歳に至るまで 第1期接種終了後、9歳から10歳に至るまでに接種(計1回)
ヒトピパローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)
【不活化ワクチン】
小学6年生から高校1年生相当年齢まで 計3回接種
※当院では実施しません

他の予防接種との間隔

生ワクチン
  • MR(麻しん、風しんの混合ワクチン)
  • BCG
  • 水痘
  • ロタウイルス(任意予防接種、有料)
  • おたふくかぜ(任意予防接種、有料)
27日以上あける 生ワクチン、不活化ワクチン
不活化ワクチン
  • 4種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、不活化ポリオ)ワクチン
  • ヒブワクチン
  • 日本脳炎ワクチン
  • 小児用肺炎球菌ワクチン
  • B型肝炎ワクチン
  • インフルエンザワクチン(任意予防接種、有料)
6日以上あける 生ワクチン、不活化ワクチン

※ 同じワクチンを接種する場合の間隔は、上記とは異なります。詳細は、墨田区のホームページ「子どもの予防接種」をご覧ください。

▲ PAGE TOP